車の買取金額を上げるものには、中古車を手放す時期、タイミングなども大事なポイントです。所有する自家用車をできるだけ損をすることなく乗り換えることを前提とすれば、注意する点があるといえます。自動車の見積査定ポイントとして重要視されるものに走行距離がまず考えられます。少なからず走行距離は、自動車の消費期限とみなされる場合もありますので、走行距離というのは長いとそれだけ、売却額査定の際にはマイナス面となります。走行している距離が500キロと9万キロでは普通は査定対象車の売却価格は評価が異なるはずです。通常は走行距離は短いとそれだけ売却額は高くなりますが本当のところほとんど突っ込んだ線引きはないため、一定の基準で査定されます。例えば普通車の場合年間標準走行距離1万キロで線を引いてこの走行距離以上走っていると大抵査定がマイナスになるのです。軽自動車だと年間で8000キロがまた年数の割には走行距離がとても小さいケースでも、買取額が上がるとは限りません。一般的には年式や走行距離での査定のポイントは乗っていた期間にたいして適切な走行距離かどうかというところです。マイカーも該当します。愛車の年式も、車見積査定の大きなポイントです。しっかりと理解しているんだというかたが多数と考えていますが、一般的には年式に関しては新しいほど査定には有利なのですが、例外としてその年式の車に希少価値がある車種は、古い年式でもプラス評価で査定されるケースがあります。次に、車検があります。周知の通り車検をするにはお金がかかりますから車検に出すまでの残月数が長いほど査定は大きくなると感じるのが普通かもしれませんが車検の前でも後でも中古車の査定にはそれほど関係がありません。外国の車、スポーツコンパクトバッテリー切れの車、などの車両のタイプも売却額査定に影響してきます。車検のタイミングは売る時期としては望ましいということになります。つまり、見積額を高額にするために車検直後に買取査定を頼もうと考えるのはお金と手間がかかるだけでほとんど意味がないということになります。また専門業者に自家用車を引き取ってもらう時期としては2月と8月が狙い目です。と言いますのも、車買取業者の決算の時期がその前の3月と9月というところが多くあるからです。ですから、例えば1月に売ろうとしたらもう少し待って2月に車の査定を頼んで手放すのも手です。自分の都合も事情もあると思いますので、誰もがそのような機会に売りに出すというわけにもいかないと思いますが可能であればそのような時期に売りに出すのが都合がいいかもしれません。