自動車の査定のポイントとして重要性の高いもののひとつに走行距離などがあげれられます。一般的に走行距離イコール、その車の消費期限と考えられるケースもありますので、その車の走行距離が長いとそれだけ、見積もりではマイナス面になります。一般的には走行距離というのは短いほうが買取額は高くなりますが、本当のところそんなに突っ込んだ判断基準は存在しなく、決められた目安で査定額が決まります。こうしたことは実際車を中古車買取業者で査定に出す時も重視される小さくない留意点です。例えば、普通車ですと年間標準走行距離10000kmが基準としてこの線を超えているとマイナス査定になるなどです。軽自動車ですと、年間標準走行距離が8千キロがまた年式が古い割に走行距離がかなり短いという場合でも査定金額が高額になるとは限りません。実際実行してみるとよく感じられると思いますが中古車は定期的に走らせることによってもコンディションを保ちますから距離を走っていない自動車だと破損のリスクが大きいと見られることもあるでしょう。もちろん中古車の査定に関しても同様です。通常は年式・走行距離に関しての査定の要点は、保有年数にたいして適した走行距離かどうかということです。そして自動車の年式なども車の売却額査定の大切なポイントになります。十分と把握しているというかたがたくさんいると思っていますが、基本的には年式に関しては新しければ新しいほど査定には優位なのですが、例外としてそのシリーズに希少価値がある車種は、昔の年式の車でも高額で査定してもらえるケースがあります。、同一の種類で同様の年式であったとしても、その年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジなどがなされているケースはもちろん、その場合次第で買取額は異なります。車を手放す金額というような場合でも程度により売却時の金額はその時々で変わってくるものです。